お肌のケア

真皮の内容量が減少することで、繊維質の結合力が弱まったりすると、どうしても真皮は、しぼんだ状態になり、その上を伴う余った皺になると言われています。
皮下組織を支える役目も果たしているのに、皮の結合が弱まると、支えを失った組織は重力にホッパられて少しずつ下へとシフトし、それがたるみと変わる。

秦皮を構成するコラーゲンやヒアルロン酸アドはいずれも組織細胞という細胞によって創りだされており、この働きを良くすることが肌のハリを維持する上で重要な鍵となると言われています。

お肌のことを考えて、どんなことをしたらいいのか、自分の中でしっかりと意識をしながら進んでいかなくてはいけませんね。

[PR]
by suijingusaute | 2015-01-23 17:28


<< 髪の毛について 食事バランスとクリーム「スティ... >>